>>トップページ >>コジマ ムジカ コレギア:広島ジュニアオーケストラ >>指導体制 >>音楽監督・常任指揮者

■音楽監督・常任指揮者

  小島 秀夫
   

   ヴァイオリニスト、指導者。
   1941年、広島市東雲町生まれ。
   広島音楽高等学校を経て武蔵野音楽大学入学。同大学卒業後、NHK交響楽団に入団。
   在籍中の1970年、ベルリン国立音楽大学 室内楽科に入学。
   在学中に、世界最高のオーケストラと称されるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で、1年間演奏会などに出演。
   帰国後、NHK交響楽団での活動に加え、各地でソロ活動を展開。
   また、N響メンバーによる『高輪弦楽四重奏団』を結成し、精力的に活動。テレビやラジオ(FM)などに多数出演。

   1980年、広島交響楽団からの強い要請により、主席コンサートマスターとして着任。
   その後18年間にわたりその重責を果たしつつソリストとしても広響をはじめ各地のオーケストラと数多く共演。
   1989年、『県民文化奨励賞』を受賞。

   また、『コジマ・ゲバントホール・アンサンブル』、『コジマ・ムジカ・コレギア』、
   『広島ジュニアオーケストラ』を相次いで編成し、指揮者としても定期的に演奏会を展開。
   演奏、指揮、指導、音楽監督など幅広く活躍中。

   現在、『福山楽友協会管弦楽団』アドバイザー。『コンサートマスターズ・クラブ・オブ・ジャパン』会員。
   ヴァイオリン教室『弓の会』、『コジマ・ムジカ・コレギア』、『広島ジュニアオーケストラ』
   『HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL』主宰。くらしき作陽大学音楽学部客員教授。






Copyright コジマ・ムジカ・コレギア 2009
inserted by FC2 system